公衆無線LANが利用できるMVNOとは

最近では公衆無線LANサービスが充実してきたこともあり、私たちは自宅やオフィス以外の場所においてもスマートフォンやタブレットをWi-Fiスポットに接続してインターネットができるようになりました。

無料で利用できる公衆無線LANサービスはセキュリティ面に難があるために使いにくいのですが、有料で提供されている公衆無線LANサービスであればセキュリティ面でも問題がないので安心かつ快適にサービスが利用できます。

MVNOが取り扱う格安SIMは利用料金が安い一方で毎月利用できる高速データ通信量が比較的少ないという側面があるため、賢く利用するためには公衆無線LANサービスの適切な活用が欠かせません。


無料の公衆無線LANサービスは利用に不安が残る一方で有料の公衆無線LANサービスは契約して毎月利用料金を支払う必要があるので利用までのハードルが高いという難点があります。

公衆無線LANサービスの利用にはそれぞれ難点があるなか、主要なMVNOの何社かでは格安SIMの利用者に対して通常は有料でサービス提供されている公衆無線LANサービスが無料できる特典が付帯しています。

セキュリティ面に安心感のある有料のサービスが利用できれば誰でも無理なく格安SIMのデータ容量の節約ができるためより合理的に格安SIMの利用が可能となります。
有料の公衆無線LANサービスが無料で付帯している代表的なMVNOについてみていきましょう。
無料のオプションとして公衆無線LANサービスが付帯している最も有名なMVNOの一社がワイヤレスゲートです。



ワイヤレスゲートはもともとは公衆無線LANサービスを提供している会社ということもあり、格安のプランを契約しても同社の公衆無線LANサービスが無料で利用できるようになります。

利用できるスポットは全国で40、000ヶ所以上となっています。



最小限の手間ですぐに公衆無線LANサービスに接続できるMVNOとしておすすめしたいのが、BIGLOBEモバイルというauのサブブランドのMVNOです。

BIGLOBEモバイルは1ヶ月あたりに利用できるデータ通信量が6GB以上のプランを契約することで無料で公衆無線LANサービスの利用が可能となり、利用できるスポットは全国で86、000ヶ所となっています。



BIGLOBEモバイルではオートコネクトという専用のアプリを導入することで自動的に公衆無線LANサービスに接続できるようになっています。
ワイヤレスゲートやBIGLOBEモバイル以外のMVNOでいいますと、OCNモバイルONEやUQmobileやU-mobileといったMVNOでも格安SIMの契約することで追加料金の支払い無しで有料の公衆無線LANサービスが利用可能となります。

データ通信量の消費が節約できればただでさえ安い格安SIMがより安く利用できるようになるので、賢い人や節約意識の高い人には特におすすめです。