MVNOの特徴および移行するときの注意点

MVNOとは、自分で通信網は持たないが、通信網を持っているキャリアからネットワークを借りてそれを元にユーザに安く提供している通信会社のことを指します。日本では、格安SIMという表現をされることもあります。通信網を借りてきてますので、ネットワークのつながる範囲に関しては、借りているキャリアと同等のものが存在しております。

そして、MVNOの最大の特徴は料金が安いことが上げられるでしょう。

キャリアであれば通常大体月6000円ぐらいは通信料にかかると思います。
それがMVNOであれば月1000円からの契約が存在します。

月1000円であればネットワークはそこまで使えませんが、MVNOにはかなり多くの会社が存在してかなり多くのプランが存在しますので、自分にあったものを探せば携帯料金の値段を大きく下げることが可能になるでしょう。
ただし、現時点でそこまで多くの人がMVNOに移行しているわけではありません。


この理由が下記に上げる注意点によって移行できない人が多くいるとも考えられます。


特に年配のユーザでもっとも移行できない理由になるのがキャリアメールが使えなくなることかもしれません。

現在であればクラウドのメールサービスがありますので、そちらで代行することはいくらでも可能ですが多くの人に対してメールアドレスを教えている場合は、この移行がとてもしにくい方も多くいるでしょう。

現時点でもっともMVNOに移れない理由になりそうです。次の注意点としては、端末の値段が高くなることになります。


キャリアの通信料金には実質端末の値段が入っている形になります。iPhoneなども現時点では実質無料に近い値段で購入することが可能ですが、MVNOであればそうはいきません。



2年に1回程度端末を購入している人にとってはそこまで料金が下がらないことになります。

つまり、MVNOにふさわしい人は、端末を中古で購入したり、安い端末を購入してそれを使う人にとっては料金的に大きなメリットがあるといえるでしょう。

次の注意点としては、SIMを差し込んだりするのもすべて自分で行う必要がありますので、スマートフォンに対する知識が一定レベル必要となります。

端末も自分でインストールする必要がありますので、キャリアとは大きなサービス差が存在しています。最後の注意点としては、ネットワークが重くなる可能性が高いことが上げられます。



キャリアからネットワークを借りているわけですが、優先度は低くなります。
特にネットワークが重い時間帯であれば、キャリアの端末のほうが優先されますので、MVNOでネットワークを使っている人にとっては重くなる可能性が非常に高くなります。



このように、注意するべき点や我慢する点はいくつかありますが、安い端末を使うことさえ許容できれば携帯料金が劇的に下げることができます。そこまで、携帯を使っていない人にとってはMVNOは十分な選択肢になりえるといえるでしょう。