MVNOにした方が得な人

MVNOは格安スマートフォンを利用するサービスを提供する事業者のことです。

大手のキャリアから無線通信用のインフラを借りることで設備投資がいらないことで安価にサービスを提供することができます。

スマートフォンの通信料は高額になるため月々の支払いが大変です。


だからと言ってMVNOに乗り換えるのは少し不安が残ります。


では、どんな人がMVNOに向いているのでしょうか。MVNOは、経営コストを抑制することによってパケット通信料などをリーズナブルに提供することができます。


そのため同じ量のデータ通信を行った時に大手との差が大きく出てきます。
無線通信の設備自体は同じものを使っているのでデータ通信の質が落ちたり、繋がらないところがあるようなことはありません。

つまりゲームや動画の視聴などによってデータ通信を多く使うような人は、MVNOに乗り換えた方がお得になります。


MVNOの場合、スマートフォン本体をではなく契約情報が記録されているSIMと呼ばれるカードを提供している場合が多くあります。



そのため、使うための端末本体をどこからか入手する必要があります。

例えば、今まで大手で契約していいたけど端末本体の支払いが終わって、自由に選ぶことができると言う人ならSIMを入れ替えるだけでデータ通信を安くすることができることがあります。場合によっては、解約する時にSIMロック解除と言う手続きが必要となることもありますが、それをしてしまえば自由にsimを入れ替えて使うことができます。

つまり、端末本体はそのままで月々の支払いだけ安くすることができると言うことです。



MVNOのデメリットは、音声通話をかけると通話料が高いと言うことです。

大手なら無料通話が提供されたり、低価格な通話料金が設定されています。MVNOの場合、通話料は高めに設定されているところがほとんどです。


そのため電話を多くかける人には不向きと言えます。

数分で数百円に達することもあり、MVNOに切り替えた意味がなくなってしまいます。

そのため、連絡の手段のほとんどのやりとりがメールやSNSと言う人にはおすすめです。
また、スマートフォンを使ったことがない人や2台目として使うような人にもおすすめです。通信費用が低価格で抑えられているので、もし失敗しても負担が少なくて済みます。



端末本体の契約が必要ないため、いろいろな機種を試すことができます。

MVNOで少しスマートフォンに慣れてから大手と契約すると言う方法もあります。
最初から大手と契約してしまうと2年間は高額な解除料が求められることもあり、思っていたのと違うと感じた場合でも使い続けなければいけません。

そのリスクを回避することができます。
このように通話をあまり必要としない、データ使用量の比較的多い。端末本体を持っているような人にはMVNOと言うサービスはおすすめです。


契約すれば月々の支払いを安く済ませることができます。