MVNOを始める時の注意点

月々の支払いの中でスマートフォンの割合が高くなってきています。

できれば少し抑えたいと思った時にはMVNOがおすすめです。

いままで使っていたスマートフォンを契約を変えるだけで安く使うことができるかもしれません。
MVNOは通信設備を大手から借り受けることで設備費を抑えられる分で料金を安く設定している通信事業者です。

現在では家電量販店やSNSなどの企業からも提供されるようになりました。

スマートフォンを使う上で通信環境をほとんど変えることなく切り替えることができるため、費用を抑えたい時に助かります。数多くあるMVNOを始めるにあたって、後悔しないためにいくつかの注意点があります。
まずは音声通話です。
電話をどれだけ使うかによってお得にならない場合があります。
MVNOの音声通話は30秒20円が平均的な価格です。
だいたい1時間かけると2400円になります。

価格を抑えている分、大手のような通話無料のサービスができないため音声通話は高くなります。

また、留守番電話やキャッチフォンも有料となります。



通話する機会が多い人は契約前に切り替えることで安くなるか比較することが必要です。

また、使っているスマートフォンの端末についても注意が必要です。

大手の回線ではいくつかの種類があり、その回線にあった端末でないと使えないことになります。
だから今まで使っていた端末をMVNOと契約しても使い続けたいと思っても、契約したところで回線が違えば使うことができなくなってしまいます。

これは中古の端末を買う場合も同じことが言えます。

使いたいと思った中古のスマートフォンがあっても、その端末にあったMVNOと契約しない限り使うことができません。



まず、回線は何が使用できるのか、その回線は使いたい端末で使えるのかを確認しておきましょう。
そしてデータ通信量に対する費用も検討すべき要件の一つです。

まずはデータ通信量の設定がどうなっているかです。
あまり使う予定がないのに大容量の設定をしても無駄になるだけです。少ないところでは500MBから契約できるところもあります。


費用の比較がしやすいのが3GBから6GBの範囲です。

多くのMVNOが提供しているデータ通信量で直接比較しやすい範囲になります。


その範囲で低価格なところを探すことである程度絞り込むことができます。

また、余ったデータ通信量を翌月に繰り越しできるかどうかも重要になってきます。



そして最も注意したいのが無制限の設定です。


データ通信量の制限がないと言うことですが、その代わり通信速度が大幅に制限されることが条件になります。テキストだけのSNSなどをする分にはあまり気にならないかもしれませんが画像をアップロードする時やゲームを楽しみたい時には障害になる恐れがあります。


MVNOを契約する時には何がしたいかと言うことと、制限ができても困らないことをはっきりさせてから比較することが必要になります。

それをしておけば月々の支払いを抑えて今までと同じ使い方ができるので安心して乗り換えることができます。