商業目的に使えるGoogleMap有料版

  • GoogleMapが有料になった?

    • GoogleMapが有料になったのは、APIの変更によるものです。


      APIとは、プログラムからソフトウェアを操作するために必要なインターフェイスのことで、GoogleMapのAPIを利用するにはAPIキーの取得が必要となりました。

      Mapの形式によって料金にも違いがあります。

      GoogleMapの有料の相談ならココです。

      表示された回数に応じて料金が加算されていく、従量制になっています。
      1か月の使用量が200ドル分までなら料金はかからずに無料で使うことが可能です。Googleからの説明では、ほとんどの利用者は1か月の使用量が無料の範囲を超える事はないということです。



      個人のサイトや中小企業のサイトなら有料になることはほぼありません。静的なマップの読み込みなら10万回程度、物件情報や周辺地域の様子を表示させる動的なマップの読み込みなら2万8千回程度なら無料で使えます。

      有料化に伴い料金が発生するケースとして、トラフィックの多い大企業やマップを使用したサイトやアプリなどだと言われています。

      注意しなければならないのが、GoogleMapの機能をJabaなどのプログラムを使って地図をサイトに表示していた場合です。
      それ以外の場合は、有料化の影響を受けることなくそのまま利用することが可能です。


      GoogleMapのサイトで場所を表示して、「地図を埋め込む」で取得した場合の地図の埋め込みは、有料化の影響は受けることはありません。



      自分のサイトで使用している場合、どのような方法で使っているかチェックしておきましょう。