実店舗で契約しやすいおすすめのMVNO

MVNOの格安SIMサービスは通信費用が安いというメリットがありますし、大手携帯電話会社から通信回線を借りてサービスを提供しているため、安価なサービスでありながらしっかりと通信ができるという非常に便利なサービスと考えられます。格安SIMを利用することでタブレットやスマートフォンの通信費用を大きく節約できるため毎月の通信費用に頭を悩ませているという人には強く利用をおすすめできるサービスと言っても過言ではないのです。
MVNOのサービスは通信費用が安いというメリットがある一方で、契約の方法については基本的にインターネット経由での契約となります。



直接MVNOの公式サイトにアクセスをして申込みをしたり家電量販店などでエントリーパッケージを購入して申込みを行うのですが、大手携帯電話会社のように店頭窓口での契約ではないということで初めて利用する人にとってはとっつきにくいサービスと捉えられている側面があります。

またMVNOのサービスは契約後のアフターサポートもインターネット経由とされていることが多いので、突発的なトラブルを迅速に解決しにくいという難点があり、これらの問題が大手携帯電話会社からMVNOへの乗り換えを妨げている大きな障壁になっていると考えられるのです。しかし主要なMVNOの何社かでは全国に公式のショップを展開していて、大手携帯電話会社と同じように契約やサポートを受けることができます。


店舗のあるMVNOであれば初心者でも問題なく格安SIMが契約できるのです。



全国に公式のショップを展開しているMVNOの代表格がUQmobileです。
UQmobileはauのサブブランドのMVNOであり全国のショッピングモールなどにテナントしてショップ展開をしている他、独立した公式ショップの展開まで行っています。

大手携帯電話会社のサブブランドという安心感に加えてiPhoneの取扱があったり、UQmobileでしか購入できないスマートフォンの販売もあるので、年齢性別に関係なくおすすめできます。
利用できるショップの多さという面ではイオンモバイルもおすすめできます。

イオンモバイルは全国のイオンのお店で契約やサポートを受けることができ、カバー率の高さでいえばMVNOの中でも最高クラスと考えられます。


さらにイオンモバイルは利用料金の安さが業界でも最安水準となっているので、兎に角コストの削減を目指したいという人にもピッタリのMVNOとなります。


この他にもオフィシャル店舗を展開しているMVNOには楽天モバイルやmineoなどがありますし、生活な身近なお店で公式サポートを受けることができるものとしてはTSUTAYAのお店で契約などができるTONEモバイルといった会社が挙げられます。



これらの会社であればショップ店員に相談しながらプランの選択ができますし、契約後にもしものことがあった場合でもショップで助けてもらえるので安心して利用できるでしょう。