会計士転職のポイント

会計士転職で重要となるポイントの一つとして、職務経歴書があげられます。職務経歴書を作成する際には、キャリアとスキルをわかりやすくまとめることが大切でしょう。職務経歴については、いつ、どこでどんな仕事をしてきたのかを具体的にまとめていきます。実際に扱ってきた業務や自身のポジションなど、様々な要素について記載していきましょう。

重要なポイントをしっかりとアピールしておくことが、成功の秘訣だといえます。基本となる職務経歴書を作成しておき、内容を複製するような形にすれば効率的です。自己PR文については、300文字から400文字程度にまとめるのが一般的とされています。長すぎてもあまり良くありませんので、注意しましょう。

職務経歴では書ききれなかった部分を補足するような形で、簡潔にまとめるのが良いでしょう。転職した後、自身のスキルやキャリアをどう活かしていきたいのかという部分を、具体的にアピールするのがポイントです。会計士転職で成功するためには、自分のスキルにあった転職先を選ぶことが大切だといえます。会計士転職は売りて市場といわれていますが、キャリアやスキルに見合わな転職先を選んでしまうのはマイナスです。

自分のキャリアに見合う仕事を見極めて選ぶ必要があります。良い結果をつかむためには、事前にしっかりと情報収集をしておくことが大切でしょう。転職エージェントなどを活用すれば、自分にあう仕事先を選びやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*