この先の展開も考えて税理士転職で一般企業も視野に

専門知識と国家資格が生涯にわたり収入源の助けとなるのも税理士資格、税理士転職をするにしても多くの事務所や企業が求人を出しているため、仕事探しに困ることはまずありません。中小規模や大手監査法人など年間を通して求人が出ていますが、あえて税理士転職で一般企業を選ぶという手もあります。一般企業への税理士転職の場合だと、仕事内容としては経理が主です。これまで税理士事務所で働いてきた高い専門的知識と経験を、一般企業でも存分に活かせるチャンスですし、一つの選択肢になります。

年度末から翌年春までの忙しさは、どこの税理士事務所に勤務しても同様であり、あまりの忙しさに少し疲れてしまうことがあるかもしれません。オンとオフの切り替えも得意で、疲労感を残すことなく日々パワフルに活躍できるなら問題はないですが、もう少しゆとりをもって税理士の資格を活かすなら、一般企業に転職をするのは決して悪いことではないです。一般企業は平日月から金曜日の仕事で週休2日制、忙しい時期はあるとしても大手監査法人ほどではありません。時間的なことと心にも余裕を持ちやすいのが一般企業への転職の良いところ、知識と経験を思う存分生かした業務ができるなど、余裕が生まれつつもやりがいが大きいです。

また一般企業への転職も考えながら、もっとゆったり働ける事務所選びをする事もできます。基本的に大手監査法人は忙しいことを理解して、小さな規模の事務所への転職も視野に入れてみることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*