年収アップ重視なら大規模な監査法人への税理士転職

年収を現職場よりも上げるための税理士転職を目指すなら、自分の強みの棚卸をして面接時にアピールすることです。縫う希望を満たす事務所に入社出来たら、税理士転職後にその職場で昇進を目標にする事もできます。昇進をする事で役職者になれば、同時に年収は上がりますので希望は見事にクリアです。税理士転職をする企業の規模が数十人程度の場合だと、目標に掲げる年収として700万円から800万円ほどは目指すことはできます。

役職に就くというのはそれだけ責任も重いですが、役職が付くからこその年収アップは大きな魅力です。さらにがんばって認められれば管理職クラスに上がることも、そうなると年収は1000万を超えるという事務所もあるので、期待を込めて前向きな活動ができるのも税理士転職です。何よりも年収を上げることが1番と考えるなら、大規模な監査法人を転職先に考えることができます。大手監査法人としても国内で知られるトップはBig4、中小規模の小さな事務所とは異なり、従業員数だけでも1000人以上が稼働をする大規模企業です。

人材も多く規模も大きな大企業に転職ができるのは好都合であり、入社出来たら年収が1000万円を超えることも不可能ではありません。中小規模の事務所で和気あいあいとのんびり働くのも良いこと、出も年収の高さを重視するなら大規模な監査法人への転職です。年収的な差としても同じように働いて、年間で200万円ほどの収入の差があると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*