会計士転職!どのような分野があるの?

会計士とは会計業務を行う専門家のことです。世の中にはさまざまな会社法人が存在しますが、会計なくして経営は成り立ちません。そのため、どのような会社にも会計業務を行う専門家は必要であり、そういった意味ではいつの時代にも必ず必要とされる職業の一つです。そして会計士は会計業務を行う専門家のなかでも最高峰に位置する専門家です。

会計士になるためには非常に難しいとされる資格試験に合格する必要があるので、合格後の就職先は引く手あまたです。例えば会社の経理部に会計士転職するのも良いでしょう。企業内部で働くことをお考えでしたら、経営企画部や内部監査部でも会計士の果たす役割は大きいとされています。もっと専門的な分野で活躍したいとお考えでしたら、監査法人やコンサルタント会社に会計士転職して、企業を外から監査したり、経営の相談にのるのもおすすめです。

そして、会計士が必要とされるのは、都会の大企業や監査法人やコンサルタント会社だけではありません。もしも地方でのんびりと暮らしたいとお考えでしたら、税理士事務所や会計事務所に就職するというのはいかがでしょうか。中小企業や個人商店を経営される方でも、たいていは税理士や会計士に依頼します。地方でマイペースに暮らしながら好きな仕事ができるのは会計士という専門職ならではのメリットでしょう。

いずれにせよ、会計士転職をお考えでしたら、まずはエージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*