会計士転職のポイント

会計士転職は需要が高く、転職を成功させることができればキャリアアップを期待することができます。会計士転職は大きく分けると、いくつかのカテゴリに分けられます。具体的なカテゴリとしては、会計士転職先として人気なのが経理部です。上場企業では監査経験を活かすことができ、スキルアップも望めます。

監査法人は所得が安定して高く、法人の中にはワークライフバランスが充実しているところもあるため、働きやすさを重視している人には向いています。監査法人アドバイザーという職業もあります。これは買収先の企業を調査したり、企業価値の算定、企業・事業の再生など幅広い仕事を行っています。若手から人気なのが国内系FASです。

FASコンサル会社では、財務デューデリジェンスというM&Aに関する業務を行っています。被買収企業の価値を知るために、対象の会社の調査や他にもM&Aの統合作業などの業務があります。顧客に寄り添った仕事がしたい場合には、会計事務所という選択肢も選べます。会計事務所で経験を積めば、将来的に独立することも可能です。

幅広いスキルがあるという人には、ベンチャーCFOというのも良いとされています。CFOとして企業経営に参加し、企業の意思決定を担うことができる転職先となっています。他にも色々な転職先がありますが、キャリアの広さが会計士の魅力と言えます。選ぶ際にはライフワークバランス・安定性・やりがい・収入など総合的に判断することが大切です。

会計士転職のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*