仕事内容を確認して税理士転職を考えよう

税理士転職において大切なポイントの1つが、どのような職場なのか仕事内容を確認したうえで応募するという点です。同じような税理士事務所であっても、仕事内容には違いがあるケースも見られます。働き始めてからイメージしていた働き方と違いがあって戸惑うことがないようにするためにも、求人探しの段階で仕事内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。基本的に税理士転職における仕事内容は、求人募集の情報でチェックできるケースが多くなっています。

具体的な内容を記載して募集を出しているところも多いので、まずは募集内容をチェックして情報を集めましょう。募集情報を見てもわからない点があれば、問い合わせてみるのも1つの手です。面接時に直接仕事で気になるポイントとして、仕事内容について質問も可能なため、面接前には質問事項を整理しておくことが大切です。実際の税理士転職における仕事内容では、税理士事務所なら担当となるお客様の相談や決算書の作成など幅広い税務会計の業務に携わるケースが多くなっています。

1人で20件近くの担当を持って働くこともあるという点を理解しておきましょう。また転職して初めて税理士事務所で働く場合、1人で担当を持って対処できるか不安という方もいるでしょう。最初はサポート業務から始まることが多いので、初めての税理士転職でも安心して働けるケースが多くなっています。初めてで不安な方は、研修制度の有無も含めて求人を確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*