税理士転職を検討している場合

税理士転職を検討しているときには、年齢が若い方が採用に有利だとは必ずいえない業界があります。会計事務所や一般事業会社などは、業種の違い問わず、経理や財務に対する高い専門的知識を持つ人材を求めているため、税理士資格や科目を合格しているという点を採用の条件としているところが多く、税理士転職をする場合には有利に働くんです。採用する場所にもよりますが、専門性の高い知識の有無よりも、年齢や実践的な業務経験、人材などを重視する事業所もあります。企業がどんな人材を求めているか、転職エージンシーなどを活用して応募前にじっくり調べておくことがおすすめです。

税理士転職先として、税理士事務所が一般的ですが、実は選択肢が多くあります。転職としての種類として、会計事務所や税理士事務所そして税理士法人、一般事業をしている会社、金融機関、コンサル会社と選ぶことが可能です。税理士転職市場は、求人募集が求職者数を上回る売り手市場が続いており、企業も採用のハードルを下げているため、より自分の希望を望めるチャンスとなっています。20代前半は、神流の流動性が高く景気動向に関係なく一定の求人数がありますし、30代は転職によって税務会計の経験の幅を広げキャリアプランに備える時期です。

30代後半になると経験が即戦力採用がメインとなっています。40代以上の転職市場は、求められるハードルが高くなりますが、見合う経験やスキルがあれば年齢に関係なく求人を見つけることができますが、マネジメント能力や顧客対応能力の高さなども重視されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*