税理士の業務と税理士転職

税理士は、納税者の依頼を受けて確定申告を代理で行ったり税務調査の立ち合いや、税務署が定めたことに不服がある場合の申し立てなどを業務としています。確定申告書や相続税申告書、そのほか税務署に提出する書類を代理で作成したり、税務に関する相談を受けたり企業の会計業務を行うことも税理士の仕事です。税理士は、申告納税制度に則り公正な立場で納税義務者の信頼に応え、納税義務を適正に遂行することを使命とし、税のスペシャリストとして社会的な地位を持ち、安定した収入が得られる職業です。税理士としての資格を持ち、多くの人は事務所に勤務しながら実績を積んでいきますが、やがてもっと大手の事務所に行きたいとか独立開業をしたいなどと転職を望むようになる人は多いです。

また女性の場合は家庭との両立で、もう少し短時間で働ける事務所に変わりたいなど税理士転職の理由は様々です。どんな理由にしても実務経験が豊富な税理士は即戦力として重宝されるので、税理士転職のニーズも高まっています。税理士転職の募集先としては、会計事務所や税務スタッフ経験者の求人や小規模会計事務所の後継者募集など即戦力となる求人はたくさんあります。独立開業をしたい、残業の少ない事務所に行きたいなど転職をしたい理由に応じた求人募集を探して、自分の転職理由に合った所を選ぶことが大切です。

税理士に特化した転職サイトもあるので、そのようなサイトを活用すれば税理士転職に役立つ情報を知ることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*