お中元贈る時期や金額について

お中元は夏の時期に、お世話になった人に日頃の感謝を込めて贈る挨拶です。お中元の中元とは、もともとは中国の風習で、7月15日は中国では中元と言って先祖を供養する日でした。それが日本に伝わり、後で仏教の風習と混ざりお盆に親類やお世話になった人に感謝の気持ちを伝えるために品物を送るようになりました。お中元は夏の時期に商品を送りますが、時期は地方によって様々です。

北海道では7月15日~8月15日、東北や関東は7月上旬から15日、東海から四国では7月中旬から8月15日、九州は8月1日から15日に贈ると良いでしょう。北陸は、お中元の時期を7月1日から15日としている地域と7月15日から8月15日としている地域もあるので事前に調べることが必要です。沖縄は旧暦の7月15日前後に送る習慣があり、現在の歴では8月中旬から9月初旬になるので、正しい日にちを確認しておくと良いでしょう。お中元は、相手への感謝の気持ちを伝えるもので、あまり高価過ぎる品物を送ることは相手に気を使わせることになってしまうため関係性にもよりますが、親や親せきであれば3000~5000円程度、特にお世話になった方や仕事の関係の方であれば3000円~10000円程度が相場と考えられます。

一度だけ送るというものではなく、毎年送り続ける行事でもあるため、特別な理由がある場合以外は、大きく金額が変わったり前年よりも金額の低い物を贈ることはマナー違反とも言われるため、無理のない範囲で品物を送ると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です