お中元選びのポイント

お中元で贈る品物の金額は安すぎても失礼ですが、高すぎても相手の負担になってしまうため、バランスを考えることが重要になってきます。3千円から5千円が一般的な相場で、お世話になった人には1万円程度、親戚や職場などには2千円から3千円程度のものを贈る人が多いですが、お中元は1度ではなく毎年贈るものなので無理のない範囲のものを選ぶことが大切になります。相手の家族構成や送り先の人数を考慮することは非常に大事で、一人暮らしの人に量の多い詰め合わせセットや食材を贈っても余らせてしまったり冷蔵庫を占拠してしまう可能性もあるので、そういった場合にはレトルト品や調味料を贈るのがおすすめです。子供が2人以上いる家庭には、子供同士が喧嘩にならないよう同じ種類が2個以上入っているお菓子セットにしたり、会社宛の場合では小分けにしやすい個包装のものにするなど、家族構成や人数を考慮することがお中元選びのポイントになってきます。

ビールやワイン、焼酎などのお酒は定番といえますが、中にはお酒が苦手な人もいるので注意が必要ですし、贈り先の家庭に持病や食物アレルギーを持った人がいるかいないかも考えなくてはいけないので、そういう場合は食品ではなく洗剤やタオルなどの日用品を贈る方が無難です。また、趣味で料理をしている人にはお中元の定番でもあるハムがおすすめで、ハムは子供にも人気で料理にも使いやすい食品なのでお中元として非常に喜ばれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です