お中元の意味やマナーとは

お世話になった人に対して、日頃の感謝の気持ちを込めて贈るのがお中元であり、江戸時代以降には、お盆の礼として親類やお世話になった人に贈り物をする習慣に発展し、現在のようなスタイルになりました。贈るタイミングは地域による違いがあり、東日本では七月上旬から十五日までが一般的であり、西日本は七月中旬から八月十五日までが基本となっているので気をつけましょう。このタイミングを外してしまったら贈ってはならないというわけではなく、表書きを立秋までなら暑中御見舞にし、立秋以降は残暑御見舞に変えればマナー違反にはなりません。直接手渡しし、感謝の気持ちを伝えることができれば良いですが、遠方に住んでいる相手など直接渡せないこともあるのではないでしょうか。

その際には今の時代なら、郵送で送ってもマナー違反ではありませんが、事前に電話などで送ることを伝えておき、その際に挨拶もしておきましょう。郵送の場合には事前に受け取れる日時を相手に確認し、合わせて送るようにするのも大切な配慮です。挨拶状をつけて送ることが基本であり、マナー違反にならないように文章には気をつけましょう。お中元では食べ物や飲み物を贈ることが多いですが、賞味期限には気をつけなくてはなりません。

なるべく日持ちするものを選ぶようにしたり、贈る相手の家族構成を考え無理なく消費しきれるものを選ぶように心掛ける必要があります。お中元は日頃の感謝を伝えるものであり、慎重に選ぶ必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です